採用管理システムはカレンダー機能と連動

中途採用などではそれほど長い期間活動をするわけではありません。補充人員は限られていることが多く、その人が補充できれば終わりです。一方新卒の採用は長期間にわたって行うことがあります。春から夏、秋まで続けることがあります。するといろいろな予定がどんどん入ってきます。会社案内をする日、試験を行う日、面接を行う日などです。それらを応募者ごとに管理する必要がありますが、表計算ソフトでは限界があります。入力は出来ても見た目でわからないこともあります。採用管理システムではカレンダー機能と連動させることでスケジューリングが行いやすくなっています。新卒の場合は第一段、第二段と何段階かに分けて行うことがあります。カレンダーで一覧表示することによって面接をする時間、日などをうまく調節することができます。状況の把握もしやすくなります。

採用管理システムで進捗状況を把握

人材を採用するときには必ず予定人数を決めます。できればいい人がいれば全員採用したいでしょう。しかし新卒社員でも年間300万以上のコストがかかります。会社にとっては負担になることがあります。ある時期の社員が増えすぎると将来的にアンバランスになることもあります。新卒採用をするときには予定人数になるように行っていきますが、うまく管理をしていかないとすでに十分人がいるのに活動を継続するようなことが起こります。採用管理システムを導入することで現在の進捗度合いを見ながら今後の活動をすることができます。100人の採用を目指すとき、応募者が300人で面接まで残ったのが20人の場合があります。すべて採用するわけではないので、あと何回応募の受付をするか、面接を行うかなどを計算しておく必要があります。システムを使うと視覚的に状況を把握することができます。

採用管理システムを導入するメリット

良い人材の確保は、どの企業にとっても大変重要な関心事でしょう。この目的を達成するため、採用管理システムを導入する企業が増えています。実際、採用管理システムを導入するメリットは数多くあります。例えば、そのシステム内での機能を活用して、多くの人に訴える魅力あるサイトを作成することができます。また、採用管理システムを導入することによって、応募者に関するさまざまな情報を確実に管理できるとともに、応募者がいったいどんな人材なのかを把握することができます。それによって採用計画を立てることが一層容易になるでしょう。さらに、自動送信システムを利用できるため、応募者全員に必要なメールを送ることができます。スピーディーで、なおかつ一人も漏れることなく全員に送れるため、良い人材確保に大変重要な役割を果たしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)